アコムでキャッシングしてみての反省点

32歳の時にアコムから借り入れしました。当時は業務用コンピューター販売会社で事務をしていました。ボーナスはありませんでしたが、月々のお給料が同年 代の女性よりも高めだったので、普通に生活する分には困りませんでした。ではなぜキャッシングしたかというと妹が原因です。妹は過食症を患わっていたの で、彼女の食費だけで毎日1万円かかっていました。父と私の給与だけでは妹を養うことができず、父が妹の将来を悲観してノイローゼになる一歩手前だったの で私が何とかしなきゃという思いでいっぱいでした。冷静になって考えてみたら、根本的な解決になっていないし焼け石に水だったのですが、その当時は藁にも すがりたい気持ちでした。
数あるキャッシング会社の中からアコムを選んだ理由は、昔の彼氏が銀行のATMからお金をおろすのと同じような感覚で気軽に利用していたのを思い出したか らです。当時の彼は50万円借りていたので、私もそれくらい借りられると思ったのですが、結果は30万円のみでした。運転免許証だけでなく源泉徴収票も準 備して行ったのに何だか無駄になった気分です。貸金業法が改正されたせいなのか、私の会社が零細企業だったせいなのか、理由は不明です。
無人契約機は音声ガイダンスに従って書類をスキャン読み込みすればいいだけだったので、思っていた以上に簡単でした。申し込み用紙の書き方で少しわからな い部分があったのですが、備え付けの電話で教えてもらえたので、問題なかったです。インターネットで仮申し込みすればもう少し時間短縮できると後から知り ましたので、その点は反省です。
借りる時はたった30万円と正直思ってしまいましたが、返済となると意外とバカにできない金額でした。毎月平均して15000円ずつ返済していたのに完済 まで2年くらいかかりました。幸い妹の病気が快方に向かっていったのでまだよかったのですが、生活は楽にはなりませんでした。しかし、突発的な理由で今す ぐどうしても手元に現金が必要という状況で、返済計画をより具体的に思い描けるのであれば、キャッシングを利用するのも1つの方法だと思います。

消費者金融即日

レイクのキャッシングの利用と手続き

レイクは、新生銀行グループの消費者金融会社であり、キャッシングなどの個人向け融資サービスを提供しています。
このサービスを利用するには、無人契約機を使って申し込んだり、ネットで申し込んだりする事が可能になっています。
無人契約機は、無人店舗などに設置されており、ネットワークを通してレイクのサポートセンターとオンラインで繋がっていますので、必要な書類を備え付けのスキャナーでスキャンを行って送ります。
レイクでは、送られてきた本人確認書類と信用機関に登録されているデータを参考に審査が行われます。
申し込みから借り入れまでの所要時間は、40分から60分ほど掛かります。
一方、近年、利用者に使われているのがインターネット経由での申し込みです。
この申し込み方法は、申込者が所有するパソコンやスマートフォンなどから申し込みが出来るものであり、無人契約機よりも利便性が高いのが特徴です。
いつでも申し込みが行えますが、営業時間外に申し込みを行いますと、翌営業日の取り扱いになりますので注意が必要です。
営業時間内であれば、即日融資も可能ですので、急な出費が生じた時に役立ちます。
本人確認書類の送付は、デジタルカメラなどで書類をデジタルデータ化して送付する事になります。
インターネットを使ってレイクのサービスを使いますと、融資や返済などの各種手続きが行い易いというメリットがあります。